[モバイルtop | PCサイトtop]

たこ焼き器(鉄板)のならし方


□ たい焼きも、たこ焼きに準じて行って下さい □

  1. 油を穴にいっぱいに入れます。
    • 油はラードを使います。
    • サラダ油はならし焼きには不適当です。カスが出やすいので焦げつきの原因となります。

  2. 弱火で、1時間ほどたきます。
    • 強火で焼くと、油が焦げますので、必ず弱火にして下さい。
    • 油をしみこませるのが目的ですので、油が蒸発したら、都度補充します。
    • 終わったら余分な油は捨てます。

  3. ならし焼きをします。
    • 練習を兼ねたならし焼きをします。
    • 油を多めに引き、鉄板は十分に熱した状態で、粉を入れます。
      (鉄板の温度が低いとくっつきます。)
    • 柔らかい粉(特に、山芋を混ぜたもの)は、くっつきやすいので、ならし焼きの当初は小麦粉を硬めにといたものにし、出来たものは捨てます。
      (山芋などは避けて下さい。)
    • 充分に鍋がなれてから、順次、本来の硬さにあわせていきます。

  4. 本番です。
    • ラードはにおいが強いためサラダ油を使いますが、サラダ油はコゲが出やすいので、定期的に穴を掃除します。。

■ならす途中でくっついてしまったら
  • 一度焦げ付かせると同じところが何度でも焦げ付きます。
  • まず焦げを完全に取り除いてから、上記の手順を1からやり直します。
表面的に焦げが取れたように見えても、焦げが残っていることが多いので、硬めのスポンジなどで、完全に取り除いてから再度行って下さい。




Yamashita & Co.,Ltd.
joycooking.net/yamakana.com
(株)山下金物
(c)All rights reserved